非日常を体感しよう|旅行の思い出作りをするなら舞妓体験がお勧め

数回参加して巡り終える

一人参加者が多い

鳥居

お遍路は、弘法大師が巡拝した四国八十八箇所の霊場を巡礼する旅のことで、癒しやロマンがあるとして注目されています。旅行会社でも、お遍路ツアーを組んでおり、大型バスやタクシー、徒歩などで巡礼を行います。お遍路ツアーは、日帰りや1泊2日などの日程で組まれているのが特徴で、1回のツアーですべての霊場を巡礼するのではなく、何回か参加して全ての霊場を巡礼するのが主流です。1つ1つのお寺での参拝時間は短く、参拝を終えると、すぐに次のお寺へ向かうというスタイルになります。御朱印も、添乗員がまとめて納経してくれるため、待ち時間もなく、スムーズに巡礼できるのも特徴です。また、お遍路ツアーの特徴としては、1人で参加する人が多いことが挙げられます。お遍路とは、もともと弘法大使と二人で行う霊場巡りであるため、観光ツアーとはまた違った趣があります。お遍路ツアーのサービス内容は、旅行会社によって異なりますが、お遍路に必要な線香やろうそく、納め札、教本などの必需品を、初めて参加する人には用意してくれることもあります。そして、昼食などは、四国の郷土料理を提供するお店などに立ち寄ってくれるため、巡礼だけでなく、ちょっとした観光気分も味わえます。お遍路ツアーは、巡礼した零場の数が増えるだけ、心持も変わると言われています。お遍路は、スピリチュアルで、心の平安が得られると評判なので、お遍路ツアーで体験してみてはいかがでしょう。

時間の有効活用にピッタリ

女性

夜行バスというと、どうしても長くツライ、貧乏旅行の定番というイメージが定着しているものです。しかし、昨今の夜行バスは、非常に快適なものになりつつあるのは事実です。今回は、東京大阪間の夜行バスに乗って感じた感想と有効活用方法を紹介していきます。東京大阪間といえば、新幹線で2時間30分ほどです。その値段は14000円ほどと非常に高額と言えるでしょう。もちろん、時間の有効活用を考えると新幹線は確かにお得だが、夜行バスは、究極の時間の有効活用であるのではないでしょうか。それは、夜行バスの運行時間帯が関係しています。東京大阪間の便であれば、概ね22時から6時の間に走ることとなります。これは、人の理想的な睡眠時間に一致するでしょう。実際はもう少し短いと思われるが、パーキングエリアでの停車時間で歯を磨いたりすることを考えると、理想的な運行時間となります。寝ていれば朝には活動ができるのです。これほどの時間の有効活用は嬉しいものです。夜行バスのもうひとつのメリットは、乗り心地の良さもあります。基本的に、夜の時間帯は車内は真っ暗闇です。座席の間隔は、前後方向だけであれば新幹線のグリーン席並みです。もちろん、もっと広々とした座席もありますが、値段も相応になるでしょう。しかし、東京大阪間程度であれば、正直なところ狭い座席でもそれほど悪いと感じるところはないと言えるでしょう。また、運行会社によっては、夜行バスの待ち合わせ場所が設けてあり、そこでシャワーを浴びたり、一眠りしたりと、しっかりくつろぐこともできるのです。東京大阪間なら決して新幹線のみが快適な移動手段とは言えず、夜行バスにも十分な検討余地があると考えて良いでしょう。

女性の観光客からも人気

舞妓さん

京都といえば、舞妓さんを連想する人が多いのではないでしょうか。各地に舞妓の化粧や着付けが楽しめる写真館などがたくさんあります。舞妓体験サービスの専門店も登場しました。国内旅行にやってきた観光客だけではなく、舞妓体験サービスは海外からの外国人観光客からも、高い人気を集めています。お店には、複数の舞妓体験プランが用意されているので、時間の都合や予算などに応じて、好きなプランを選べます。日帰り旅行で時間的な余裕がない場合などは、舞妓さんの姿になった後で、そのままスタジオで撮影を行うシンプルなプランがいいでしょう。本物の舞妓さんになった感覚を味わいたい、京都の観光名所で撮影してみたいという人には、ロケーション撮影が可能なプランが用意してあります。スタジオの専属スタッフが撮影を担当してくれますが、参加者同士で自由に撮影し合うことも可能です。舞妓さんの姿のまま、京都散策をしたい場合は、観光可能なプランがあるスタジオを選びましょう。人力車や、観光ガイドなどが同行してくれます。舞妓体験サービスと本物の舞妓さんで大きく異なっている点は、小さな子供でも舞妓になれる点です。小さな舞妓さんはとても可愛らしく、親子で一緒に舞妓体験をするのも、京都の伝統文化の体験にもなります。旅行の思い出作りにもちょうどいいのではないでしょうか。基本的にどの撮影プランでも、舞妓体験サービスを利用時に撮影した写真を収納する専用アルバムを用意してくれます。

長距離移動を快適に

女性

東京〜大阪間での夜行バスの相場は、車両やシート、プランによって幅があります。以前からの4列シートであれば、バス会社によっては平日1,500円、土日でも3,500円で利用できます。2列・3列独立シートの場合は、8,000〜10,000円ほどが相場になります。自分のニーズに合わせた選択をしましょう。

この記事を読む

数回参加して巡り終える

鳥居

お遍路ツアーの特徴は、1日で四国八十八箇所の霊場を巡礼するのではなく、日帰りや1泊2日などの日程のツアーを数回繰り返し、全ての霊場を巡礼するスタイルで、一人で参加する人が多いのが特徴です。旅行会社によっては、線香やろうそく、教本などの必需品を、サービスで初めての人に提供してくれるところもあります。

この記事を読む

お得なプランで泊まれます

ベル

舞浜には駅から近いホテルだけでなく、少し離れた立地のホテルが格安で宿泊できるのでお勧めです。シャトルバスが無料で運行されているところや電車で数分のホテルがほとんどですので、立地を気にすることなく宿泊することができます。

この記事を読む