非日常を体感しよう|旅行の思い出作りをするなら舞妓体験がお勧め

長距離移動を快適に

ニーズに合わせた選択可能

女性

国内旅行の際の移動手段には、飛行機や新幹線、在来線、自家用車など様々な選択肢がありますが、比較的長距離で運行・利用されているのが高速夜行バスです。以前は運行路線も限られていましたが、今では発着地も増え、日本各地に夜行バスで行けるようになりました。かつての夜行バスは、通常の大型バスとほぼ変わらない車両が使われていました。違いは辛うじてトイレが付いているくらいです。シートも固く、必然的に車中泊になる夜行バスでの移動は全身が痛くなったものです。今では夜行バスを運行する会社が増え、様々なシートタイプやプランから選べるようになりました。女性専用車両、3列独立タイプ、リクライニング自在なシート、使われている素材も快適です。見知らぬ男女が隣同士にならないサービスも、今では当たり前になっています。また、到着地での朝食やサウナ、温泉などニーズに対応したサービスを用意しているバス会社もあります。前述の通り、全国各地に夜行バスで行けるようになりましたが、今なお主要路線となっているのが東京〜大阪間です。東京と大阪を行き来する人は観光やビジネスを中心に圧倒的に多いと言えるでしょう。夜行バスで東京〜大阪間を利用する場合、相場はどのくらいなのでしょうか。当然のことながら、バスの車両やシート、プラン、繁忙期、閑散期などで違いがあります。今ほど多様化する前は、土日は高く平日は安いというシンプルなものでしたが、随分と様変わりしているようです。2列・3列独立シートなどは、以前と変わらず8,000〜10,000円近い費用がかかりますが、通常の4列シートは平日で1,500円、土日でも3,500円ほどで利用することができるのです。費用を抑えたい人にとっては、利用しやすい価格設定と言えるでしょう。バス会社によっても様々なシートタイプやサービスがありますので、東京〜大阪間の移動の際は是非利用してみることをおすすめします。

自分らしい舞妓姿に

舞妓

華やかな着物と真っ白な化粧が印象的な舞妓さんですが、京都では舞妓体験処やスタジオに行けば、誰もが舞妓の恰好になれます。特に事前準備も必要ないので、予約した日にお店に行くだけで構いません。料金はプランごとに決まっていて、スタジオ撮影だけの簡単なものから、京都散策や野外ロケなどが可能なタイプが用意されています。カップルで舞妓体験に参加する場合は、男性向けの着物があるので、二人で一緒に楽しむことが可能です。時代劇に出てくる登場人物のような恰好ができます。かつらは、生え際がナチュラルに仕上がるように、半かつらを使っているスタジオが目立ちます。半かつらでも、充分本格的な舞妓姿を作り出すことは可能です。地毛結いで髪型を整えたい場合は、オプションで対応してくれる所にしましょう。地毛結いのメリットは、割れしのぶなど様々な舞妓用の髪型に出来ることです。本物の舞妓さんが利用している美容院で結ってもらえるので、とことんこだわって舞妓体験をしたい人には最適です。着付けが終わった後で、提携している美容院に移動します。舞妓さんの化粧は、みんな同じように見えるかもしれません。しかし、美しくて愛嬌のある舞妓さんになる為には、その人にあった化粧をする必要があります。写真写りにこだわるなら、化粧前にカウンセリングを丁寧にしてくれるところを選んで、舞妓体験をしましょう。帯に関しては、だらり帯という種類がよく使われています。

手軽に旅行気分を味わう

バス

50代〜60代はもちろん、最近ではファミリー世代や20代からの人気も高まっているバスツアーは、以前よりもツアー内容が充実してきているといえます。人気の理由はツアー内容の多様性で、日帰りバスツアーといえどゆっくりくつろげるプラン、名所やグルメを堪能できるプランなどさまざまあるでしょう。関東圏内での日帰りバスツアーは特に人気があり、その理由としてはやはり値段の安さといえます。ほとんどの日帰りバスツアーが8000円から12000円ほどの価格帯となっており、安価なものであれば5000円ほどで楽しめることも珍しくはないのです。仕事で休みが取れない、子どもが小さいので遠出するのは心配と言うような場合でも、日帰りバスツアーではそうした心配をせずに旅行気分を楽しめるでしょう。関東のバスツアーは発着場所が豊富なのも魅力的な部分と言える東京・神奈川・埼玉は特に発着場所が多く、都内・県内でも2〜3ヶ所の発着場所を用意しているケースがよく見受けられるでしょう。従来のバスツアーと言えば、家を早くに出かけて主要駅に向かうというのが一般的だったが、現在では8時、遅いと10時ころに出発するツアーもあるのです。これは電車やバスなどの交通網が発達しており、それぞれの都道府県が近くにある関東だからこそ実現できることです。関東の日帰りバスツアーは手軽で安い、それでいてさまざまなプランから自分が納得できるものを選べるという点が人気を集めている理由と言えるのではないでしょうか。

長距離移動を快適に

女性

東京〜大阪間での夜行バスの相場は、車両やシート、プランによって幅があります。以前からの4列シートであれば、バス会社によっては平日1,500円、土日でも3,500円で利用できます。2列・3列独立シートの場合は、8,000〜10,000円ほどが相場になります。自分のニーズに合わせた選択をしましょう。

この記事を読む

数回参加して巡り終える

鳥居

お遍路ツアーの特徴は、1日で四国八十八箇所の霊場を巡礼するのではなく、日帰りや1泊2日などの日程のツアーを数回繰り返し、全ての霊場を巡礼するスタイルで、一人で参加する人が多いのが特徴です。旅行会社によっては、線香やろうそく、教本などの必需品を、サービスで初めての人に提供してくれるところもあります。

この記事を読む

お得なプランで泊まれます

ベル

舞浜には駅から近いホテルだけでなく、少し離れた立地のホテルが格安で宿泊できるのでお勧めです。シャトルバスが無料で運行されているところや電車で数分のホテルがほとんどですので、立地を気にすることなく宿泊することができます。

この記事を読む